FC2ブログ
 
■プロフィール

関塚農場

Author:関塚農場
栃木県佐野市の中山間地において有機農業で2002年に新規就農。お米や野菜、平飼養鶏を中心に農業しています。2009年より半分自力建築にて研修棟と母屋を建築中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
つばめ
初めて投稿します。関塚知子です。

6月、我が家の2階屋根の破風板の裏に巣を作ったツバメ。
DVC00128.jpg
雛たちはすくすく成長し、あっという間に巣立ちました。

夜や雨の日は巣で休んでいましたが、しばらくすると一羽のツバメが巣にこもって再び抱卵している様子。5羽の雛が孵りました。

順調に大きくなり、巣立ちを楽しみにしていたある朝、娘が「お母さん、なんかへびみたいのが巣にのっかってる」。
慌てて2階に行ってみると
DSC00109.jpg
5羽の雛を全部食べてしまったアオダイショウ。
親鳥はすぐそばでひたすら鳴き続けていました。

私はしばらくショックで、立ち直るのに相当時間がかかりました。あの親たちはずっと雛たちの為に虫を運び続けていたのに、これからどうするのだろうか・・・。すぐ忘れられるのかな。もうここでは子育てしないだろうな。

そんな私を見て健太郎が「お母さん、大丈夫だよ。前の雛がちゃんと大きくなっていっぱい増えたから」。そうだね。そうだといいなあ。
自然界はほんとに厳しいです。また来年、どこか安全な場所で子育てしてね。

それにしても、一シーズンに2回子育てするとは知らなかった。


スポンサーサイト


未分類 | 21:00:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。