FC2ブログ
 
■プロフィール

関塚農場

Author:関塚農場
栃木県佐野市の中山間地において有機農業で2002年に新規就農。お米や野菜、平飼養鶏を中心に農業しています。2009年より半分自力建築にて研修棟と母屋を建築中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
田植え後一切草取りしない有機稲作 成功!!!
水稲栽培の除草で今まではアイガモ除草をしていましたが、今年は違う方法に挑戦しています。栃木県野木町の舘野廣幸さんの栽培を真似しました。具体的には以下の方法です。
 3回代かき(1、2回目の代かきで雑草を生やして、練り込む)
 成苗を水中田植え(水を張ったままの田んぼに45日前後の大きな苗を移植)
 深水管理(最後の代かきから一度も水を落とさずに深水で管理)
 田植え後1ヶ月が勝負だと思っていました。アブノメという雑草はある程度生えたものの、なんとかなりそうです。田植え後、一回も草取りに入っていません。何度も心配しましたが、大丈夫そうなので、嬉しくて仕方がありません。この方法で成功すれば、アイガモ農法よりももっと省力でき、栽培面積を容易に増やすことが出来そうです。アイガモはアイガモで楽しいけれど、、、。

代かきは3回。1,2回目でわざと雑草を生やします。植え代かき以降は絶対水を落としません。
DSC00004_201408142125094bd.jpg


水中田植えの様子。5センチくらい水を張ったまま田植えします。マーカーが見えないので、棒を目印に田植えをします。絶対に土を見せません。ポットの成苗を田植え。
DSC01089.jpg

草の生え具合
DSC01542.jpg
DSC01547.jpg
DSC01553.jpg
DSC01543.jpg

舘野廣幸さんのYoutube動画が素晴らしいので、ぜひ、御覧ください。


 
スポンサーサイト


有機農業 | 21:36:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。