■プロフィール

関塚農場

Author:関塚農場
栃木県佐野市の中山間地において有機農業で2002年に新規就農。お米や野菜、平飼養鶏を中心に農業しています。2009年より半分自力建築にて研修棟と母屋を建築中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
関塚農場ブログ、2015年を機に引っ越しました!
2012年秋より続けてきた関塚農場ブログですが、諸事情により、以下のアドレスへ引っ越しました。引き続き新しいブログもよろしくお願いいたします!!

新しい関塚農場ブログ(2015~)はこちらをクリック





スポンサーサイト
未分類 | 10:19:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
関塚農場は産業廃棄物処分場建設に反対します!いいねボタンを押してください!!
佐野市牧地区に建設が予定される産業廃棄物処分場建設に反対します。
今年の秋より新聞報道などで栃木県内の方はご存知の方が多いと思います。
サンモリッツカントリークラブの敷地に民間業者が県内初となる産業廃棄物最終処分場を建設するというものです。
行政ではなく、民間業者が建設するというのが私個人的には大変心配をしています。

地元では反対同盟もできて、署名運動を中心に展開しています。

看板の写真を掲載します。

IMG_0240.jpg
IMG_0242.jpg
IMG_0239.jpg
IMG_0238.jpg
IMG_0241.jpg

140909?下野新聞 産廃


現代社会を営む上でゴミが出るのは仕方ないこと。
できるだけ、ゴミが出ないような仕組みを私たちが構築していくことは大変重要だと思います。今回のことを契機にゴミについてもっともっと考えていきたいです。
そのうえで、どうしても出てしまったゴミをどこかで処分しないといけないので、どこかに処分場は作らないといけないと思います。
しかしながら、民間業者が主体となって、ゴミを処理することが可能になっていることをわたしたちは真摯に受け止めなくてはいけないのではないでしょうか?

写真のような美しい山に建設が予定されています。
IMG_0325.jpg

佐野市のみなさんのお力を貸してください。
ぜひ、関心があることを示すためにも、下のいいねボタンを押していただけたら、大変ありがたいです。



有機農業 | 10:25:23 | トラックバック(0) | コメント(1)
山の畑の料理教室・12月11日のご報告 大好評!大根の唐揚げ   
12月11日(木)、すっかり冬景色となった秋山の我が家で、第4回目となる山の畑の料理教室を開きました。今回は男性2名を含む10名の方にご参加いただきました。

 山の畑ランチ・冬
黒米、赤米ごはん、大根の唐揚げ、大根の煮物、かぼちゃのマッシュ、焼きじゃがいも、人参のてんぷら、小松菜の塩炒め、冬野菜のサラダ、里芋の味噌汁

 今回好評だったのは大根の唐揚げ。すが入り始めてしまった大根をおいしく食べる方法を探してやってみたのですが、大根がジューシーで甘くて、鳥の唐揚げにも負けない?存在感があります。

 我が家では、今年は大根が豊作で、大根の煮物もたくさんいただきました。いろいろアレンジもありますが、大根の素朴なおいしさを味わってもらいたい、本当に簡単な昆布と鰹節のだしの使い方をお伝えしたくて、しょうゆ味の大根と結び昆布の煮物を作りました。

141211完成

 冬は有機野菜がひときわおいしくなります。小松菜の塩炒めもそのおいしさを味わう一品。じゃがいもの味が乗ってくるのはこれからかな。

 その時期その時期で野菜は味が変わります。もちろん、品種や作る畑、その年の気候でも違ってきます。でも味の違いを一番大きく左右するのは、自分の体調ではないかと思います。今の体調を整えてるのは、まさに今までの様々な環境です。年によって微妙に違う気候、その気候に作られる自然な食べ物、精神状態…。

 私が今おいしいと感じるのはさっと火の通った、歯ごたえがあり、火を通すことで甘みを引き出した、生きの良い料理です。42歳という年齢で、体もあちこち不具合を感じ始めていますが、野菜や穀物、微生物によって醸し出された調味料、海の塩、そしておいしさを楽しむ少しの肉や魚や卵。日々、自然を感じながらいただきたいと思います。

自家製マヨネーズ
141211みんなの様子
141211盛り付け
141211自分


 段取りが悪く、あっ!忘れてた、と何度も叫んでいたり、本当に伝えたいことを口にできなかったり、まだまだ未熟な私ですが、この空間で何かを感じていただければ幸いです。

有機農業 | 21:12:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
地域づくりで動き出した秋山。お茶、ヤマブドウワイン、酒米で日本酒の3本柱で地域おこし 未来につながる希望。
                               関塚知子

昨日は夜7時から私たちの住む秋山地区で会議が開かれました。
秋山地区の地域づくりをどのようにやっていくかについての話し合いで、昨日で3回目となりました。

これまでの2回の会議には参加しなかったのですが、参加した夫から内容を聞いていた私は、地域づくりで何をやるかというのは別にして、秋山の未来を考える会と題されていた会議に、地区の若い人たちが来ていないことにもったいないなという印象を持っていました。

そんな時に、小学校のPTAで仲良しの友人たちも地域の未来のことを真剣に考えていることを知り、彼女たちに私たちの考えている地域づくりを話したところ、すぐに賛成してくれて、私は過疎化の進む限界集落の秋山で、希望が見えたような気がしたのです。

結果的には若い人の意見を地域の中心的な人たちが好意的に受け入れてくれて、お互いに尊重しあいながらこれからのことを話し合っていました。みんなでこれからを作っていくという話になり、今振り返ると、素晴らしい話し合いだったのではないかと感じます。

この話し合いで、秋山で以前にぎやかに行われていた

お茶づくりイベントの復活

ヤマブドウ有機ワイン

有機米で日本酒を作る



と三本柱の活動を開始することになりました。


これまで色々な意見が出て、様々な主張がありました。また問題点も出されてきましたが、今日はみんなが前向きになり、大きく動き始めたという気がします。佐野市立小中学校適正規模・適正配置基本計画により、8年後には氷室小もなくなってしまい、過疎化がさらに進み、地域から希望がなくなってしまうのではないかとさえも思っていました。でも地域が動き始めた。ここから波が広がっていくのではないか、と明るい希望が見えてきました。


まだまだ課題はありますが、頑張っていきましょう!
どうぞ、みなさまのご支援をよろしくお願いします。

IMG_0212.jpg
朝の景色
秋山川
朝日
f0120697_2216597.jpg
DSC02116.jpg




未分類 | 06:29:22 | トラックバック(0) | コメント(2)
山の畑の料理教室 初の日曜開催 参加者募集!! 2015年1月18日(日) 関塚農場 
2015年1月18日(日)に「山の畑の料理教室」と題して5回目の料理教室を開催します。
関塚農場で採れた有機野菜と有機米を使って、素材を生かすレシピをお伝えしたいと思います。マクロビオティックではありませんが、野菜中心の料理で考えています。
一緒に楽しく料理したり、食べたりしましょう。
よろしければ、是非、ご参加ください。

チラシはこちらをクリック

150118山の畑の料理教室チラシ




畑でとれた、かごいっぱいの泥付き有機野菜。太陽と大地の恵みをいただいた味の濃い野菜たち。どんなふうに食べようか。どうやって料理したらこの美味しさを生かせるかな。畑とつながった農家の台所で、素材を生かすレシピをお伝えします。
 できあがったら、みんなで昼食。あったかごはんとおしゃべりで、心も体もほかほかになれるかな。

赤米・黒米入りごはん、季節の野菜中心のおかず数品と汁物
 お鍋でごはんを炊くこと、水に浸けるだけの簡単だし、素材の味を引き出す自然塩の使い方など、自分の五感をたよりに作る日々の料理です。
 日時 2015年1月18日(日)
10時開始 14時頃終了予定 ※終了後、希望者の方には農場見学会を行います。
 場所 関塚農場 栃木県佐野市秋山町1562
 講師 関塚知子
 参加費 2000円(昼食代込み)
 用意するもの エプロン、三角巾、包丁、まな板などあればご持参ください。
 申込先 関塚農場  電話/ファクス 0283-87-0536
    電子メール sekidukatomoko☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)
※定員になり次第閉め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。





有機農業 | 19:23:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。